現代社会に役立つ心理カウンセラーの資格を取得して貢献しよう

カウンセリング

さまざまな取得する方法

勉強

精神的なサポートができるように心理学を学ぼうとする人は増えてきています。学ぶのであれば取れる資格を取りたいという人も多く、そのジャンルもさまざまです。自分がどのような心理学を学んでいくかで取得する資格も変わってきます。

需要が高まっています

スピリチュアル

心理カウンセラーの仕事は、相談者の悩みを聞く事により相談者が自ら解決策を見出す手助けをすることです。心理カウンセラーには国家資格がありませんが多くの民間資格があります。なかでも、難易度と知名度が最も高い臨床心理士の資格を得ることができれば、様々な分野で活躍できるでしょう。

取りたいジャンルを選ぶ

相談

心理学のジャンル

心理カウンセラーといえども、その名前の資格は存在しません。悩みや精神的な負担のサポートをするためにカウンセリングを行なう専門家をまとめて心理カウンセラーと呼ばれていることがあります。その心理カウンセラーにはいろんな種類の資格がありまして、ジャンル別に取る資格も変わってきます。もし資格を取ろうと考えているのであれば、予め何の資格を取るのかはっきりと決めておいたほうが良いです。たとえば産業カウンセラーでしたらセミナーを受けて実習も受けながら受験資格を得て、合格すれば取得することができます。そのほか臨床心理士でしたら、大学院を修了して受験することができるようになりますし、大学院は厳しいと感じれば、大学で心理学を勉強して必要単位を取ることができれば認定心理士という資格を取ることができたりします。

取得しやすいものを選ぶ

心理学の資格の中でもっとも知られているものは臨床心理士です。しかし先ほども述べたように臨床心理士は指定された大学院を修了していなければ取ることができません。人によっては成人を迎えてから、心理カウンセラーになりたいということもよくあり、大人になってから大学院までいって勉強するには時間がかかることで厳しく感じる人も多いようです。そのような人は産業カウンセラーという資格を考えることも良いかもしれません。産業カウンセラーは半年ほどセミナーを受けて勉強しながら実習も行なっていき、そこで合格することができれば資格を取得することができます。産業カウンセラーは心理カウンセラーの中でも知られているほうで、今の社会では必要とされる存在となってきています。

学校選びの注意点

勉強

医療の専門学校選びでは、国家資格取得率が大変重要です。就職内定をもらっても、資格に落ちてしまえば、その内定が取り消されてしまうからです。専門学校の資格対策が充実しているかどうか確認しておきましょう。また、3年以上通いますので学費がかさみます。学費減免制度や奨学金制度も事前に確認しましょう。