現代社会に役立つ心理カウンセラーの資格を取得して貢献しよう

カウンセリング

学校選びの注意点

勉強

資格取得率は重要ポイント

医療の専門学校では、ほとんどの学科では国家資格を取得しなければ、その職業に就けないという特徴があります。理学療法士や作業療法士、看護師、臨床工学や救命救急士、柔道整復師といったところが代表格となります。これらの学校では、就職の内定が出た場合でも、その年に国家資格に合格しなければ、内定が取り消されてしまうという特徴があります。近年では、医療系の資格が人気となっています。受験者数が軒並み増加傾向にあって、それによって、国家資格の合格率が落ちているという状態です。医療の専門学校を選ぶ際には、資格の取得実績がいかに大切かということがお解り頂けるのではないでしょうか。医療系の専門学校をお選びの際は、実技の取得だけではなく、ゴールとなる国家資格の取得にどれだけ力を入れているのかを判断基準とすることをお勧めします。

学費負担を軽減するために

医療系専門学校の就業年数は、3年または4年となります。厚生労働省のルールで、カリキュラムは決まっていますので、三年制を選ぶのであれば、内容はハードになってきます。一方で四年制を選ぶのならば、学費がそれだけかさむという点は注意しましょう。医療系専門学校は、三年制で350万円〜500万円程度、四年制では、400万円〜650万円程度の学費がかかる計算になります。奨学金制度や教育ローンの活用、そして専門学校が実施している奨学生制度や学費減免制度を活用することが必要になるかもしれません。奨学金制度は、ほとんどが返済が必要となってきます。ただし、自治体によっては、その自治体内の病院就職を条件に返済不要の修学資金制度がありますので、お調べになると良いでしょう。また、専門学校が行う入学金免除制度や学費割引制度は、返済が不要です。成績キープが条件となりますが、活用することをぜひ検討してみてください。