現代社会に役立つ心理カウンセラーの資格を取得して貢献しよう

カウンセリング

需要が高まっています

スピリチュアル

心の悩みを聞きます

昨今、日本においては、多くの人がストレスを抱えながら生活しており、自殺者の数も高止まりしています。人々の心理的な負担を取り除きストレスを軽減させるには、その人の心の悩みを聞いてあげることが必要となります。そのため心理カウンセラーの必要性が急激に高まっています。心理カウンセラーの仕事は、精神科医のように薬を処方したりする医療行為ではなく、相談者の話を聞く事が主となります。特に、相談者に対して解決策やアドバイスを押しつけるのではなく、相談者が自分自身に向き合い、自ら解決策を見つけるための援助に徹することが大切です。そのため、人の話に耳を傾けることのできる人、話しやすい雰囲気を持った人、相手に共感できる人などが心理カウンセラーに向いていると言えます。

様々な資格があります

心理カウンセラーには「心理カウンセラー」という資格はありません。心理カウンセラーになるためには必ず資格が必要というわけでもありませんが、場合によっては資格が必要になることもあります。例えば、学校で活躍するスクールカウンセラーになるためには臨床心理士という資格が必要となります。臨床心理士になるためには、指定された大学院の修士課程を修了する必要があります。そのため難易度の高い資格と言えますが、知名度や信頼度も高く、教育、福祉、医療、司法、産業など様々な分野で活躍することができます。心理カウンセラーの民間資格には、他にも、メンタルケアカウンセラー、精神保健福祉士、産業カウンセラー、認定心理士、学校心理士など多くの種類があるので、自分がどんなことをしたいか、どういう職場で働きたいかを考えた上で選ぶとよいでしょう。